駅から近くてお参りも快適な納骨堂・目的に合わせたプラン調整が可能

葬儀風景

宗教について把握する

焼香

埋葬というのは基本宗教的な儀式です。
日本もそれは例外ではなく、多くの埋葬が仏教寺院による弔いとなっている点を認識しておきましょう。
納骨堂もその例にもれず、施設によっては特定の宗派・宗旨でなければ埋葬受け入れを拒否するところもあります。
とはいえ全体的に見てみれば、従来の寺院が取り扱う墓地埋葬よりも自由で柔軟な施設が多くなっていますから、色々と探しておくと都合良い埋葬施設を見つけ出す事ができるでしょう。
納骨堂は寺院が経営しているところもあれば、公営の施設もあります。
そして民営の納骨堂ともなれば、その多くが宗派・宗旨を問わないところであるのが基本となっているのです。
こういった部分は大事な要素で、同じ仏教でも宗派が違うという理由から一部の寺院納骨堂が受け入れ拒否してしまうというケースもあるのです。
しかし民営納骨堂であれば、そういった心配はほとんど無くなります。
良くも悪くも純粋に利益追求を目的としていますから、お金さえ払えばキリスト教徒でもイスラム教徒でも埋葬受け入れ可能という間口の広さがあるのでしょう。
海外から日本へ移住した家族などは、こういった宗教への柔軟対応は心強い要素と言えます。
納骨堂は都合悪ければ亡骸を移転させる事もできるので、それぞれが快適な利用スタイルを自由に実行してみると良いでしょう。
このように「埋葬」という儀式・行為には、宗教的影響が避けて通れない要素です。
故人や家族それぞれの信仰がどうであるかを確認しておき、確実な納骨堂利用を実行できるようにして下さい。